Computer System Engineering Laboratory.

計算機システム工学研究室

About Us

計算機システム工学研究室について

本研究室では主に、次世代を担う高性能チップの研究、計算処理の高速化、ネットワークを利用した並列計算環境の開発を行っています。研究概要、実績は以下で紹介します。内容をみてピンときたあなたはぜひ私たちの研究室にお越しください。

研究も交流も大事にする研究室です。週2回のゼミでは、年度はじめに勉強会と英語論文の輪講を行い、以降は進捗報告や発表練習が続きます。イベントも多く開催しています。先生もよく参加されます。

Studies

研究概要

Papers

研究実績

    2017年

  • An NTP-based Detection Module for DDoS Attacks on IoT, Tamotsu Kawamura, Masaru Fukushi, Yasushi Hirano, Yusuke Fujita and Yoshihiko Hamamoto, Proceedings of IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan, June 2017 (to be published).
  • SLICを用いた移動物体抽出処理の並列化手法, 神原 勇太,福士 将,阿部 亨,電子情報通信学会 第63回機能集積情報システム研究会,June 2017(発表予定).
  • ボランティアコンピューティングにおける並列計算の実現に関する一考察, 堀井 健太郎,福士 将,電子情報通信学会 第63回機能集積情報システム研究会,June 2017(発表予定)
  • 2次元トーラスNoCに対する迂回路の多重化に基づく耐故障ルーティング法, 大隈 晃平,福士 将,電子情報通信学会 第63回機能集積情報システム研究会,June 2017(発表予定).
  • Restructuring of mesh-connected processor arrays with spares on rotated orthogonal sides, Itsuo Takanami and Masaru Fukushi, 電子情報通信学会 第63回機能集積情報システム研究会,June 2017(発表予定).
  • Implementation and Evaluation of a Dependable Web-based Volunteer Computing System, Soji Inohara and Masaru Fukushi, Proceedings of The Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 530-534, Jan. 2017.
  • A Built-in Circuit for Self-Repairing Mesh-Connected Processor Arrays with Spares on Diagonal, Itsuo Takanami and Masaru Fukushi, Proceedings of the 22nd IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing, pp. 110-117, Jan. 2017.
  • 耐故障ルーティング向きの2次元メッシュNoCの部分再構成法, 清水 大樹,福士 将,IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会,pp.6-9, Jan. 2017.
  • 2重リングを用いた2次元トーラスNoCの耐故障ルーティング法, 大隈 晃平,福士 将,IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会,pp.10-14, Jan. 2017.
  • VCにおけるワーカ特性を考慮した並列処理グループ作成法, 越智 郁,福士 将,IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会,pp.15-20, Jan. 2017.
  • 背景差分に基づく移動物体抽出法の並列化, 神原 勇太,福士 将,阿部 亨,IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会,pp.50-54, Jan. 2017.
  • 2016年

  • A Parallel Method for Voxel-based Multiview Stereo, Masaru Fukushi, Yudai Tateishi, and Toru Abe, IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 4, No. 2, pp. 136-144, Dec. 2016.
  • 通信機能に着目した部分故障モデルの提案と耐故障ルーティング法への応用, 城島 吉貴, 福士 将,第18回 IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp. 150-153, Nov. 2016.
  • 拡張2次元メッシュNoC の設計と評価, 黒川 陽太, 福士 将,第18回 IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp. 374-377, Nov. 2016.
  • Development of a Middleware for Parallel Volunteer Computing Systems, Junichiro Ikebe and Masaru Fukushi, The Conference Record of the 18th IEEE Hiroshima Section Student symposium, pp. 414-417, Nov. 2016.
  • A Prototype Router Circuit for Extended 2D Mesh Network on Chips, Yohta Kurokawa and Masaru Fukushi, Proceedings of IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics, pp. 361-362, Oct. 2016.
  • A Fault-tolerant Routing Method for 2D-mesh Network-on-Chips Based on Components of a Router, Yoshiki Jojima and Masaru Fukushi, Proceedings of IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics, pp. 453-454, Oct. 2016.
  • Degradable restructuring of processor arrays by direct spare replacement, 髙浪 五男,福士 将,電子情報通信学会 第61回機能集積情報システム研究会,pp.1-5, Oct. 2016.
  • 並列VCの実現に向けたノードの参加予測に基づくジョブスケジューリング法, 越智 郁,福士 将,電子情報通信学会 第61回機能集積情報システム研究会,pp.1-6, Oct. 2016.
  • ネットワークオンチップのためのルータ回路の設計と評価, 黒川 陽太,福士 将,電子情報通信学会 第60回機能集積情報システム研究会,pp.1-6, June 2016.
  • 2次元メッシュNoCに対するルータの構成要素を考慮した耐故障ルーティング法, 城島 吉貴,福士 将,電子情報通信学会 第60回機能集積情報システム研究会,pp.1-6, June 2016.
  • A Built-in Circuit for Self-Repairing Mesh-Connected Processor Arrays with Spares on Diagonal, 髙浪 五男,福士 将,電子情報通信学会 第60回機能集積情報システム研究会,pp.1-9, June 2016.
  • A Reliable Volunteer Computing System with Credibility-based Voting, Takeshi Sakai and Masaru Fukushi, Journal of Information Processing, Vol.24, No. 2, pp. 266-274, March 2016.
  • A partial reconfiguration approach for 2D-mesh network-on-chips with region-based fault-tolerant routing, Masaru Fukushi and Daiki Shimizu, Proceedings of The Twenty-First International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 327-331, Jan. 2016.
  • VCシステムにおける信頼度に基づくジョブスケジューリング法の性能評価, 境 岳志,福士 将,IEEE Consumer Electronics Society, West Japan Joint Chapter研究会,pp.31-36, Jan. 2016.
  • 大規模な多眼ステレオ処理に対する並列処理手法, 立石 雄大,福士 将,阿部 亨,IEEE Consumer Electronics Society, West Japan Joint Chapter研究会, pp.37-42, Jan. 2016.
  • 2015年

  • A Group-Based Job Scheduling Method for Parallel Volunteer Computing, Kaworu Ochi and Masaru Fukushi, Proceedings of International Symposium on Computing and Networking, pp. 571-575, Dec. 2015. (Best Paper Award)
  • Dynamic Job Scheduling Method based on Expected Probability of Completion of Voting in Volunteer Computing, Y. Miyakoshi, S. Yasuda, K. Watanabe, M. Fukushi, and Y. Nogami, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.12, pp. 2132-2140, Dec. 2015.
  • HTM: a new hierarchical interconnection network for future generation parallel computers, M. M. H. Rahman, A. Shah, M. Fukushi and Y. Inoguchi, IETE Technical Review, Vol. 33, Issue 2, pp. 93-104, Oct. 2015.
  • 拡張2次元メッシュNoCに対する耐故障ルーティング法, 福士将, 園田賢一,電子情報通信学会 第58回機能集積情報システム研究会,pp.1-6, Oct. 2015.
  • 領域ベースの耐故障ルーティングを用いる2次元メッシュNoCの部分再構成法, 清水 大樹, 福士 将,平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 19-3, Oct. 2015.
  • 並列VCの実現に向けたワーカの離脱を考慮したジョブスケジューリング, 越智 郁, 福士 将,平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 19-4, Oct. 2015.
  • 高信頼WebベースVCの実現に向けたサーバの実装と性能評価, 猪原 聡二, 福士 将,平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 20-6, Oct. 2015.
  • 信頼度に基づく多数決を用いたVCサーバの実装, 境岳志, 福士将, 電子情報通信学会 第56回機能集積情報システム研究会,pp.1-9, March 2015.
  • Extended 2D-Mesh Network-on-chip for Region-based Fault-Tolerant Routing Methods, K. Sonoda and M. Fukushi, Proceedings of The Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 510-513, Jan. 2015.
  • 2014年

  • 領域ベースの耐故障ルーティングに対する拡張2 次元メッシュNoC, 園田賢一,福士将,電子情報通信学会 第55回機能集積情報システム研究会,pp.1-6, Oct. 2014.
  • マルチスレッドを用いたVCサーバシステムの性能評価, 境岳志,福士将,電気・情報関連学会中国支部連合大会 講演論文集,pp.246, Oct. 2014.
  • 空間分割に基づく多眼ステレオ法の並列化, 立石雄大,阿部亨,福士将,電気・情報関連学会中国支部連合大会 講演論文集,pp.375, Oct. 2014.
  • 信頼度に基づく多数決を用いたボランティアコンピューティングシステムの実装と評価, 青柳有輝,境岳志,福士将,電子情報通信学会総合大会 講演論文集,D-6-16, March 2014.
  • ボランティアコンピューティングのワーカアプリケーションにおけるCPU使用率制御, 境岳志,福士将,電子情報通信学会総合大会 講演論文集,D-6-17, March 2014.
  • Implementation of A Reliable Volunteer Computing System with Credibility-based Voting, T. Sakai and M. Fukushi, Proceedings of Second International Symposium on Computing and Networking, pp. 354-359, Dec. 2014.
  • A Memory Efficient Parallel Method for Voxel-based Multiview Stereo, Y. Tateishi, M. Fukushi, and T. Abe, Proceedings of Second International Symposium on Computing and Networking, Dec. pp. 367-372, Dec. 2014.
  • 2013年

  • Primitive Human Action Recognition Based on Partitioned Silhouette Block Matching, Toru Abe, Masaru Fukushi, and Daisuke Ueda, Proceedings of 9th International Symposium on Visual Computing, pp. 308–317, July 2013.
  • A Region-based Fault-Tolerant Routing Algorithm for 2D Irregular Mesh Network-on-Chip,” Y. Fukushima, M. Fukushi, and I. E. Yairi, Journal of Electronic Testing: Theory and Applications, Volume 29, Issue 3, pp. 415-429, June 2013.
  • ボランティアコンピューティングにおけるワーカの性能差を考慮した信頼度計算式の拡張, 渡邊 寛,舩曵 信生,中西 透,福士 将,電子情報通信学会論文誌 Vol.J96-D, No.6, pp. 1413-1424, June 2013.
  • Performance Evaluation of Check-By-Voting for Colluding Attack in Volunteer Computing Systems, K. Watanabe, M. Fukushi, N. Funabiki and T. Nakanishi, IAENG Transactions on Engineering Technologies, Lecture Notes in Electrical Engineering Volume 186, pp 33-48, 2013.
  • Hierarchical Tori Connected Mesh Network, M.M. Hafizur Rahman, Asadullah Shah, Masaru Fukushi, and Yasushi Inoguchi, Proceedings of The 13th International Conference on Computational Science and Its Applications, pp 197-210, June 2013.
  • Reconfiguration and Yield of a Hierarchical Torus Network,” M. M. H. Rahman, M. Fukushi, and Y. Inoguchi, IETE Technical Review, Vol. 30, Issue 2, pp. 120-128, March 2013.
  • 任意視点の多眼スレテオ法に対する並列化手法, 福士 将,関口 直紀,阿部 亨,電子情報通信学会 機能集積情報システム研究会, FIIS-13-349, pp.1-6,March 2013.

Members

計算機システム工学研究室の一員

博士課程

D3

川村保 (時刻同期サービスを利用したIoTのセキュリティに関する研究)

修士課程

M2

黒川陽太 (耐故障手法を備えたNoCの実装評価)

城島吉城(NoCの高機能化のための耐故障手法の研究)

池辺純一郎(並列ボランティアコンピューティングに関する研究)

M1

神原勇太

大熊晃平

堀井 健太郎

学部生

B4

高山智哉

勝田稔弘

岡崎有加

天本倭子

FAQ

よくある質問

Q. 先生はどんな方ですか?

A. 研究熱心な一方で、気さくな先生です。学生と頻繁に交流してくださる先生はうちくらいじゃないでしょうか。

Q. 大変ですか?

A. 人によります。最大限努力して研究成果を上げたいという人であれば、先生がとことん付き合ってくださります。

Q. OOやりたいんですけどできますか??

A. 研究室の色と合わないものであってもできる場合があります。ただし、条件があります。自分で論文を読んで自分で研究課題を見つけること。学術的新規性を主張すること。これらの点で先生を説得できれば、なんでもやらせてもらえます。

Contact Us

興味がある方、いらっしゃい!

Our Location

総合研究棟2号館106号室(教員研究室)

総合研究棟2号館107号室(学生研究室)

総合研究棟2号館108号室(ゼミ室)